ニューアイムジャグラーのハマリ後ビッグ→200G辞めの台のカマ

高設定と思っていたニューアイムジャグラーを打っていて、ため息が出る展開は様々な展開があるが、その中の一つが、500G以上ハマった台で何とかペカを取れたが、連荘せず150Gを超えた時。

500G台でペカを取れたならまだいいが、600Gあるいは700G台でやっとペカを取れた場合など、ビッグ3回分のまれているので、連荘しなかった場合は精神的に苦しい展開。

そして、高設定っぽい挙動をしていた台にハマリが訪れ、600G、あるいは700G台でビッグを引いた時、カマを掘る最高の展開が訪れるかもしれない。

高設定のニューアイムジャグラーを打っていて、500Gを超えたハマリをビッグで解除しても、本当の意味でハマリを解除したことにはならず、すぐにジャグ連が戻ることは少なく、緩やかな2段階ハマリを減ることのほうが多い。

そのため、ハマる前まで好調にペカリつづけていた台のハマリをビッグで解除したところまではいいが、連荘することなく200G前後まで回し、心が折れたり、何とかプラス収支のまま引こうと思ったりして辞めていく人が多い。

そんな時ニューアイムジャグラーでカマを掘る最高の展開が訪れる。先程にも書いたように、ニューアイムジャグラーのハマリをビッグで解除してもすぐさまジャグ連が戻ることは少ない。

けれど、300G以内の連荘の3粒連に入っていることは多く、ハマリ後ビッグ→200G代のペカから連荘が戻ることは経験上多く、7-3-1-1-1-2-2-11や8-3-1-1-1-2-1といった展開になることが多いし、一気に貫通するほどジャグ連をすることもある。

記憶に新しい稼働として、少し前に778Gでビッグ後220回転前後で辞めている台があった。履歴を見てみるとそれまで順調にペカっていたし、ハマる以前の合算は1/110以下。

これはカマを掘るのに激熱な台と思いすぐさま着席すると、280G台のペカから一気に貫通し、8-3-1-1-1-1-1-1-1-4-1-1-閉店辞め、と最高の展開。

ここまで爆発することは稀かもしれないが、ハマリをビッグで解除した場合すぐに連荘が戻ることは少ないが、3粒連に入っていることは多いので、ハマリ後ビッグ200G辞めはジャグ連を期待させる展開だと思う。

けれど、設定6でも105%のニューアイムジャグラー。ハマリをビッグで解除して次のペカが300Gを超えてしまった場合、次のペカがいつくるか予測はつかないし、その後グズグズの展開になることが多いので、よっぽど設定に確信が持てない場合は、追わないことにしている。

コメント